旦那さんのいびきを改善できる病院

旦那さんのいびきがうるさすぎて安眠ができなくて困っていました。
市販のいびき防止テープなどを使っても効果を感じることができなかったので、玉川病院で実施されている「いびき・睡眠呼吸障害センター」へ出向くことにしました。
いびきの症状が重たくなって、就寝時に息が一時的に停止してしまう睡眠時無呼吸症候群になってしまうと死亡率が上がってしまうと聞き、玉川病院で受診することにしました。
玉川病院での治療の流れは、担当の先生に旦那さんの症状や生活リズムなどを聞いたうえで、自宅でできる簡易検査を行い、最終検査であるポリソムノグラフィー検査を病院で一泊二日入院して、いびきの状態を確認してもらいます。
かなり本格的な検査になりましたが、そのおかげで先生から生活リズムの整え方やマウスピースやCPAP療法による治療などのおかげで少しずついびきを改善していくことができました。
いびきから発生する合併症などに対しても積極的に治療を行ってくれるおかげで、体の内部を全体的に整えることができました。
様々な民間療法を試してもいびきを改善することができないと悩んでいる人は、いびき・睡眠呼吸障害センターに相談してみると良い結果を出すことができます。